コーヒーの淹れ方【失敗例】

今回はコーヒーの淹れ方でも失敗例ってあまり載せているところが少なかったので、あえて失敗例を動画で作りました。
当然、鮮度が良く膨らみも良いコーヒーを使うと言う前提です。

コーヒーを淹れる時は最初に蒸らしと言う工程があるのですが、この蒸らし方ひとつでコーヒーの味(香り)はかなり変わります。
動画はお湯を注ぎ過ぎた状態なのですが、お湯を注ぎ過ぎると、ポコポコと噴火状態になります。
こうなってしまうと、せっかくドーム状に膨らみかけた蒸らしの状態もしぼんでしまい、香りとコクを引き出せなくなってしまいます。
蒸らしの時のお湯の注ぎ過には注意しましょう!

良い状態は下の動画でどうぞ。

因みに蒸らしを失敗しても、美味しいコーヒー豆を使用していれば、それなりに美味しいコーヒーは淹れられます。
完璧を求めるならって事でw

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA