OJIウォータードリッパーで淹れる水出し珈琲

OJI(オージ)製のウォータードリッパーWD-60を使った水出しコーヒーの淹れ方の動画です。
いつもはハンドドリップでホットを飲んでいるのですが、夏になると活躍するのが、このOJI(オージ)製のウォータードリッパーWD-60
見た目もカッコ良いですが、こいつで淹れた水出し珈琲はまた格別!
夏に活躍すると言うのは、アイスコーヒー用に使っているわけでして、好きな方になると一年中ウォータードリップで淹れたコーヒーをホットやアイスで飲んでいるらしいです。

と言う訳で今年もこいつの出番となったので、ついでに動画で淹れ方を作ってみました。
以前も画像で水出しコーヒーの淹れ方を記事にしていますのでそちらと合わせてご覧ください。
以前に書いた記事中ではoji(オージ)ウォータードリッパー WD-45sを使っていますが、使い方はWD-60も同じです。

今回の動画ではハイロースト(中煎り)の豆を使用していますが、水出し珈琲で使う珈琲豆はアイスで飲む場合はフレンチローストやイタリアンローストなどの深煎りが良く合います。
中でもモカ系の深煎りを使うと、チョコレートフレーバー的な良い香りになりアイスにはもってこいの焙煎だと思います。
ホットで飲む方はシティロースト辺りもお勧めです。

OJI WD-60の使い方

ロートにフィルターを入れる
ロートにフィルターを入れる
ロートにフィルターをセットします。
フィルターはネルの専用フィルターを使用しますが、初めて使う時はネル地のゴミなどが気になりますので、5分ほど煮沸してから使用してください。


細挽きにしたコーヒー豆を入れる
細挽きにしたコーヒー豆を入れる
フィルターをセットしたら豆を入れます。
水出しで使用する豆は細挽きにします。
エスプレッソなどに使うぐらいの細挽きが良いです。
また使用する豆の焙煎度は、深煎りの物が合うと思いますが、中煎りでも美味しく入ります。
焙煎度や豆の挽き方は好みも有りますでしょうから、お好みで変えてください。


豆と同量の水を注ぐ
豆と同量の水を注ぐ
豆を平らに均したら、豆と同量程度の水を静かに注ぎます。
5分ほど経過すると全体に水が回り数滴落ちてきます。
水が落ちてこない場合は水を追加するか、以前に掲載した水出しコーヒーの淹れ方の要領で、ティースプーンなどで全体をかき混ぜて水分を行き渡らせてください。


ロートキャップを乗せる
ロートキャップを乗せる
珈琲液が滴り落ちて来たら、ロートキャップをかぶせて台にセットします。


ウォーターボールに水を入れる
ウォーターボールに水を入れる
ウォーターボールに水を入れます。
ウォーターボールの真ん中あたりにOJIのロゴマークが有りますので、このロゴマークの中心辺りまで水を入れます。
OJI製のウォータードリッパーは何れの製品もウォーターボール部にこのロゴが有りますので、ロゴを目印に水を入れます。


レベルコックで水量を調整
レベルコックで水量を調整
水を入れたウォーターボールをセットしたら、レベルコックで水量を調整します。
OJI製のウォータードリッパーはoji(オージ)ウォータードリッパー WD-45sから現在使用しているOJI(オージ)製のウォータードリッパーWD-60までもう20年ほど使用していますが、だいたい3秒に1滴ほどのスピードが最もおいしいと思われます。
まぁ、この辺りも好みで変えてみてください。
3秒に1滴のスピードだと、WD-60の場合は8時間かかります。


OJIウォータードリッパーWD-60
OJIウォータードリッパーWD-60
前記した通り、ワシはいつもはハンドドリップで淹れたコーヒーを飲んでいますが、水出しの時だけはなぜかガムシロップと牛乳を入れて飲んだりしてます。
そのままブラック(ストレート)でも美味しいのですが、これも前記した通り深煎りのモカ系を使用して入れた水出し珈琲に牛乳とガムシロップを入れるとチョコレートフレーバーでとても美味しいのですわ。
因みにワシは市販のガムシロップとコーヒーミルクは使いません。
と言うのは、ガムシロップもコーヒーミルクも体に悪い成分がたくさん入ってますので。

特にコーヒーミルク(フレッシュミルク)の成分は、植物性油脂、乳化剤、増粘多糖類、カラメル色素、PH調整剤からできていて、牛乳や生クリームは一切入っていませんからね!

なのでフレッシュミルクは一切使用せず牛乳か生クリームを使い、ガムシロップは砂糖を熱湯で溶かし、さらに砂糖を追加してレンジで加熱して粘度が出る程度に作っていたりします。
まぁ、その方が体に良いと言うのも有るのですが、何よりも経済的理由の方が大きいですw
一日に何杯も飲みますからね♪

って、最後には関係ない話でまとめてしまいましたが・・・
OJIのウォータードリッパー、気になった方はちょっとだけ高いですが本当に美味しい水出しコーヒーが入れられますのでお試しを♪

これからワシと同じタイプの購入をお考えの場合は、oji(オージ)ウォータードリッパー (5〜6人用) WD-60DX【送料無料】の方が良いです。
数千円高くなりますが、レベルコックの部分が4分岐しているので、水を均一に落とす事が出来ます。


ネルフィルターの保存
ネルフィルターの保存
最後にフィルターですが、しばらく使わないときは画像の様に水に入れて冷蔵庫などで保管してください。
水は毎日取り換えてくださいね!
因みに画像はサイフォンのフィルターですが、ウォータードリッパーも同じです。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA